食べるラー油のいま!もう誰も食べてない!?

食べるラー油はこれまでのラー油の概念を覆した製品として人気を博しました。
その人気故に、一時は在庫がなく購入することが出来ない、まとめて購入するという人も現れた程でした。
単なるモノ売りから商品に付加価値をつけることで、ここまで人気になった製品であるとも言えます。

食べるラー油の人気にあやかろうと、様々な食品メーカーが製品を開発し販売しましたし、購入することが出来ない人のために作り方を紹介する人も現れました。
しかし、短期間で人気を集めた製品と言うものは、衰退し飽きられてしまうのも早いものです。
過去に食べるラー油を食べたいたという人で、現在も食べている人がいるのかという疑問がありますが、実際はどうなのでしょうか。

実は、食べるラー油は以前ほど話題になることはありませんし、店頭に並んでまで購入するという人はいないでしょう。
過去のブームの程、話題になるということはありませんが、現在も食べている人はたくさんいます。
また、店頭でも様々な製品があり、以前よりも選択肢が増えているようです。
食べるラー油には、にんにくが使われていることが多いのですが、ニオイが気になって食べることが出来なかった人に配慮してにんにくが使われていないものもあります。

現在食べている人の食べるラー油のおいしい食べ方としては、ブームの時のようにご飯にそのままかけて食べるという方法だけではなく料理のアクセントとして使用している人が多いようです。
うどんやそうめんのつけダレに少し入れたり、麻婆豆腐に風味と辛味をプラスするために入れる、チャーハンに入れるなど人によって様々なアレンジが行われています。

食べるラー油は油がたくさん使われていますので、たくさん食べすぎてしまうとカロリーオーバーになってしまう可能性がありますので、注意が必要です。
また、一瓶購入しても、食べきる前に飽きるということもあるかもしれません。
開封後は油が酸化してしまうことが考えられるため、冷蔵庫で保存し、出来るだけ早く食べるようにしましょう。

ラー油は比較的身近にあった調味料でありながら、食べるラー油の登場は世間に衝撃を与えました。
一般的なラー油よりも高額でありながら求める人が後を絶たない、そして、ブームが去ってもなお店頭から消えることなく、食生活に定着したとも言える製品です。
今後は珍しい調味料ではなく、いつでも購入することが出来る身近な調味料として親しまれていくのではないでしょうか。